• ホーム
  • 注文住宅の予算には少し余裕を持たせておくべき理由

注文住宅の予算には少し余裕を持たせておくべき理由

鍵を出す様子

憧れのマイホームの購入を考える際、まずは誰でも世帯の年収や手元にある貯金といったことを念頭において予算を組むのが一般的です。そして、その予算内でロケーションを検討し、出来る限り自分たちの好みに合った住宅を購入するということになります。ですから、例えば建売住宅の購入ということでしたら、大体の予算を打ち出せばその金額内で対応が十分に可能だということが言えます。

しかし、これが注文住宅となると状況は少し変わってきます。注文住宅の購入を考えるのであれば、予算には余裕を持たせておかないと後悔するということがあるからです。年収から割り出した予算ギリギリで、注文住宅を建てることを想像してみてください。例えばキッチンにこだわりたいとか、リビングの広さや間取りといった自分なりのプランを元に設計を進めて行くことになりますが、最初から最後まで必ずしも設計プランに変更がない、と確約することが果たして出来るでしょうか。ここをこうしたいとか、あの部分を少し修正したいなどと想像を膨らませて行くにつれ、誰だってより完成度の高い住宅に住みたいと考えるものです。しかし、予算に余裕がなければ、プラン変更して少しだけグレードアップすることも叶わないということになってしまいます。

ここでもしも住宅購入に向けて使える金額に余裕があったとしたならば、状況は違うものになります。プラン変更をしたならば、コストがどれだけ上がるのか、しかしそのメリットにはどういったことが期待出来るのか、などを比較検討することが可能となります。もちろん、検討している最中でやはり断念しなければならないという場合もあるかもしれません。しかし、検討する余地もなく、最初から諦めなければならないのと、金銭的にはプラン変更は可能だけれども慎重に考えた結果、思ったよりも費用対効果がなさそうだから止める、というのでは全く意味が異なってきます。余裕のない計画だと、実際に新居で暮らすようになった際に、後悔が残ってしまうことになりかねません。

また予算に余裕がないから、するべきではない部分で節約をしてしまうと後でトラブルに繋がることになるというリスクがあります。例えば金銭的な余裕がないから、外からは見えない断熱材を安いものにしたために、完成後に思ってもみなかったほど光熱費が掛かってしまった、などということがないようにしたいものです。注文住宅は最初のプラン通りには行かず、より完成度の高い住宅にするために、プラン変更もあり得るということを是非覚えておいてください。建ってしまった後から変更するというのでは、もう遅すぎるということも重要なポイントです。

関連記事
太陽光発電はデメリットが目立ちすぎる? 2020年05月22日

注文住宅を購入予定の人の中には、せっかくだから太陽光発電を一緒に導入すれば節電対策にもなるし、投資や節約にもなると考える人がいます。確かに太陽光発電は、太陽の光...

耐震性はどこまで追求するべきなのか? 2020年03月23日

日本は世界でも地震が多くて有名な国のひとつです。しかも多いだけでなく時として大災害に繋がるような大地震が発生する国でもあります。そのため自分が好きなように建てる...

庭を作る場合は天然芝と人工芝どちらがいい? 2020年04月22日

家の敷地に広い庭があったとしたら、芝生を植えたいと思う人も多いはずです。青々とした芝生は、見ているだけで気持ちが癒されるものです。ご存知のように芝生には、天然芝...

オール電化とガスの併用はどちらがお得? 2020年04月07日

新しい住宅に住み替えることを機会に、思い切ってオール電化に変更を希望するという家庭も少なくないのではないでしょうか。確かにオール電化にはガスにはないメリットがあ...

断熱材にかかる費用を妥協してはいけません! 2020年03月08日

注文住宅を建てる際に、誰でも自分の好みの間取りやこだわりを取り入れ、なおかつ出来るだけ費用を抑えたいというものではないでしょうか。しかし、長く快適に暮らすために...